欠陥住宅を売りたい

欠陥住宅ですが売れるのか?

 

不幸にも折角購入した家が欠陥住宅だったと言う人は実は結構いる物です。

 

そんな欠陥住宅ですが、どうしようもなくもう手放したいという時にはどうしたらいいのか?

 

それでも買ってくれる人は居るのでしょうか?

 

スバリ欠陥住宅でも買取ってくれる業者が有ります。

 

そのままその家に住むのではなく更地にして再度新しい家を建て直し販売する業者などがいます。


そもそも欠陥住宅を掴まされたら訴えられないの?

折角買った家なのに欠陥住宅だったなんてことは本当は許されません。

 

でもこう言った家、実は難しい問題が有るのです。
普通は補償や賠償問題に成ると思いますよね?
実際にそう言った事専門の弁護士もいます。
しかし建築物の責任問題には「時効」というものがあります、その時効期間がとてつもなく短いのです。

 

建築物の欠陥住宅に対する時効は5年です。

 

住宅の施主は、建築業者に欠陥(瑕疵)の修理修復を求められます。損害賠償も請求でき(民法634条)ますが、瑕疵が重要でない場合は過分の補修費用を請求はできないとされる(同条1項)
この権利は、建物の引き渡後5年以内とする(民法638条)。ただし、建物がコンクリート造等の構造の場合は10年である。

 

とあるのですが、
損害及び加害者を知った時から3年間行使しないときは、時効によって消滅します(民法724条)

 

実際に住み始めてスグに何が悪いなんてことは分からないものです。

 

建ててから5年以上経過してから気がついても時効で同しようもないなんて納得いきませんよね…。

私はこんなサービスを使いました。

もしかして欠陥住宅?定義を知ろう

買った家が欠陥住宅?欠陥住宅の定義とは

憧れのマイホームを手に入れたら、誰しも嬉しいものですね。
でも残念なことに、せっかく手に入れたマイホームに、何らかの不具合が見つかることがあります。
そういった物件がいわゆる「欠陥住宅」といわれるもの。
ではそもそも「欠陥住宅」とはどういった定義なのでしょうか。
「欠陥住宅」の定義とは、一般的にあるべきではない、安全性に欠けた住宅のことです。
住んでいて命に関わる、健康被害や怪我をする可能性がある、といったことですね。
大げさに聞こえますが、例でいうと、防災上安全性が欠けている、健康被害を及ぼすような素材が使われているなど。
建築基準法や標準工事仕様書、また住宅金融公庫による仕様書などに違反した物件は、この欠陥住宅に該当するといえます。
その他の関連した法規に違反している場合も「欠陥住宅」といえますね。
さらにこれらに抵触していなくても、客観的に見て危険、有害といえる状況にある物件は「欠陥住宅」なのです。

 

欠陥住宅の見分け方

マイホームは人生のなかで一番大きな買い物ですね。
いい家が見つかったら、早く買ってそこに住みたいと思うのが人情ですが、やっぱり何事も急いではいけません。
「欠陥住宅」を買ってしまったら、そのあとが大変なのです。
では「欠陥住宅」を見分けるにはどうすればいいのでしょうか。
基本的にはとにかく「すみずみまで見学して回ること」です。
リフォームするなどしてきれいに見える物件は、何となく表面だけ見てイイ感じだと思いこんでしまうこともあるでしょう。
しかし天井や土台、畳敷きなど、さまざまなところをじっくりチェックすること。
こういったことをしっかりやっておくことで、後に「欠陥住宅」を買ってしまった、という結果にならないようになるんですね。
物件を見て回るときにビー玉などを持参して、床に転がしてみる人もいるようですが、これも正解。
またドアなどのたてつけも、意外と盲点になるものですが、いちいちチェックするくらいでいいのです。

 

自宅が欠陥住宅に気付いたら?

買った物件が不幸にも「欠陥住宅」だったらどうすればいいのでしょうか。
これは新築で購入した場合は、法律で決まっていますので、主な構造部分についての欠陥については、売主の会社、あるいは建てた業者などに瑕疵担保責任というものを負わせることができます。
この場合については、万が一業者が潰れてしまっていても、補償してもらえるようになっているんですね。
ただし主要構造ではない部分について欠陥が見つかった場合は、業者と話し合うことになります。
会社によっては売買の際に、アフターサービスについて明記してあることもありますので、買う段階でこれがあるかどうかを確認しておくのが得策です。
逆に言えば、これがなければ買わない、くらいの考え方でいいのかもしれません。
なぜなら後の話合いに応じない業者がいたり、補償や修復をしてくれない場合もないとはいえないからです。
こんな場合は、本当に精神的にも参ってしまう事態に陥りかねません。

欠陥住宅にあたってしまったら。

 

もし自分が欠陥住宅にあたってしまったら建設業者の事許せないですね。

 

でもそう言った業者にかぎって責任から逃げ言い訳ばかりで逃げてしまう業者ばかりです。

 

そもそも親切な対応をしてくれる業者は欠陥住宅なんか作りません。

 

そして法的にも同仕様も無くなってしまったらそのまま住むのか手放してしまうしか無いのです。

 

近年は中古住宅の価格もかなり安くなっています。

 

欠陥住宅に住むならば、売却して中古の家を買ってしまう人が大半ですね。


 

▲ページトップへ▲